【横浜市港南区の施工事例】手軽なフローリング張り替えリフォームとは?

手軽なフローリング張り替えリフォームとは?

床貼りリフォーム
こちらでは、「床が古くなったから張り替えたいな!でも大掛かりな工事はしたくない!」という方に、手軽にできるフローリングの張り替え工事について紹介させていただきます。先日リフォームした横浜市港南区のお客様で、もともののフローリングを剥がさずに、新しいフローリングを上張りした工事です。

フローリングの上張り工事は、下地の状況によって可能かどうかが分かれます。
もともののフローリングの下にある「根太(ねだ)」と呼ばれる角材が、腐食している場合は、床を解体してから工事をする必要がありますが、下地の状況がよければ、上から貼る上張り工事の方がコスト的にもメリットがあり、お勧めです!

こちらの港南区のお客様は下地の状況は悪くはなかったので、上張り工事をさせていただきました。
その様子がこちらです。
フローリングの張り替え
もともとのフローリングが濃い茶色で、新しいフローリングが明るい色になります。
フローリングを工事する際の注意点は、掃除です!
汚れた状態や、ごみがあった状態で床を貼ってしまうと、既存床との接着不良になり、床を踏むとネチャネチャっと音がするような不具合が発生してしまいます!
かもめ建設では、こまめに掃除することによって、床との接着を確保し、仕上がりを担保できるように心掛けております。
フローリングの接着
こちらはフローリング用の接着剤を塗布している様子です。
接着剤も色々ありますが、フローリング専用のボンドがあります!
フローリング張り替え
フローリング張り替え後の様子がこちらです。
もともとは、カーペットを貼ってあったのですが、フローリング張り替えて、ベッドを置きたいとのことです。
せっかくなので、イメチェンシし、フローリング材は明るい色に選んで頂きました。
天井も古かったので、まずは下地材を上から貼ることからスタート。
天井下地
天井下地
壁はそのままですが、天井も下地材を貼って、明るいクロスを貼って、明るく変身しました。

床がプカプカする!
床がへこんできている!
など、床にお悩みでしたら、遠慮なくご相談ください!

お問い合わせフォーム
お見積り無料です!お気軽にお問い合わせください。